本気でダイエットに励む私達の記録

MENU
2014/11/26 14:29:26 |

2008年の春に母が背骨を圧迫骨折し、手術とリハビリとで長期の入院生活がスタートしました。幸い私は在宅ワーカーでしたので会社に長期休暇を申請する必要もなく、その点は非常に助かりました。しかし出るべきものが出ません。そうです。突如、便秘生活に突入!

 

ほぼ一日を母の入院先の病院のベッドサイドで過ごしていたせいでしょうか。とにかく出ない。そこでネットの広告で見かけた「すっきり小粒」という商品を試してみることにしました。理由は「お腹が痛くなりません」と書いてあったからです。

 

この商品が届くまで、仕方がないので市販の便秘薬を使用してみましたが、とにかく出ない。すっきり小粒が届いて、すぐに飲んでみました。すると翌日、病院でスルリと出たではありませんか。お腹の痛みもなく。お試しで取り寄せて、こんなにビックリした商品は初めてです。

 

今も飲み続けていますが定期購入にしたので指定月の10日に届きます。お値段は約4,500円で送料無料。今は2ヶ月に一回、送ってもらっています。定期コースはかなり融通がききます。この会社さんは電話でのフォローも大変よく「余っているようでしたら3ヶ月に一回にしても大丈夫ですよ」とも言ってくださいます。

 

生活環境がどうあろうと、すっきり小粒は続けています。すっかり習慣になりお腹も快調です。薬品は慣れとともにどうしても量が増えていきがちですが、このサプリは私にとっての適量に変化がないという点も魅力です。

2014/10/26 15:53:26 |

ストレスが溜まると食べる事に走ってしまっていました。おいしいものを食べてる時ってやっぱり幸せな気分になって、それがやめられなくなってしまっていたんです。そんな事を繰り返していたら当たり前だけどかなり体重が増えてしまいました。それはとある健康診断でした。普段計る事のない体重を計ってみたら明らかにまずい数値が出てしまったんです。そういえば服のサイズも以前まではSばかり買っていたのに、最近ではMサイズを買う事もしばしば。この日から私はダイエットをする事に決めました。そしてそれが女子力を上げてくれると思ったからです。

 

健康診断のときの体重計が私に今の現状を教えてくれたこともあって、すぐに体重計を買いに行きました。最近の体重計ただ単に体重を計るだけではなく体脂肪や毎日の体重を自動的に記録してくれるので毎日の変化がよくわかり、とっても便利です。人生初とも言っていいダイエットで何から始めれば良いのかわかりませんでしたが、まずウォーキングから始めました。毎日、朝と夜に30分ずつ歩いてみました。朝のウォーキングは静かで緑の多い場所を歩くと自然と清々しい気分になって日頃のストレスも解消されるようで気持ちがよかったです。

 

夜はウォーキング後、今までシャワーだけで済ませていたけど、お風呂でリラックスする時間を作りました。アロマオイルを数滴垂らして、いい香りに包まれると女子で良かったと幸せな気分になります。その後は日課の体重測定です。数字が低くなっていると嬉しいですし、お風呂で体が温まって寝付きが早くなりました。これを続けて3ヶ月ですが、体重が順調に1ヶ月1キロくらいは落ちています。ウォーキングのおかげでたるんでいた体も少しずつではありますが引き締まってきましたし、女子力を下げないためにもこれからも続けます。

2014/09/19 15:45:19 |

学生の頃は簡単なダイエット方法ばかりに惹かれていたのですが、社会人になってからはより効果の高い方法を考えるようになりました。そこで、色々な方法を組み合わせる事でストレスも軽減されますし、リバウンド率が低くなるという事がわかったのです。

 

そんな中、やはり基本となるのがレコーディングです。100円均一で良いのでノートを用意しておきましょう。カバンの中に入るような小さめのサイズがおすすめです。ここに食べた食事、出来ればカロリーをどんどん記載していきます。

 

そして見返してみると、思った以上に食べている事がわかります。逆に若い女性の場合はカロリーが少なくて、自ら太る体質を作ってしまっている事も多いですね。ちゃんと適正なカロリーか、バランスに問題は無いか知る事で自然と気をつけるようになります。

 

この時、とにかく無理しない事がポイントです。普段あまり野菜を食べない人が一気に食事を変えるとストレスが大きいですし、後にドカ食いの原因になってしまうからです。そのため、レコーディングダイエット、ではなくて他のダイエットと並行して行うのがおすすめですね。

 

中にはレコーディングだけで大量減量する方がいます。しかし、それは自分の食生活を知る事で気をつけるようになったり、運動量を増やすようになるからですね。リバウンドしないためにも、まずは現状を知るのが一番です。